石川遼、マスターズ予選落ち

アメリカの男子ゴルフ、マスターズの2日目、52歳のベテラン、フレッド・カプルス(アメリカ)が7バーディー、2ボギーの67で回り、通算5アンダー、139の首位に立ちましたた。同じアメリカのジェイソン・ダフナー(35)も同5アンダーで首位に並んでいます。イギリスのロリー・マキロイ(22)は69をマークし、同4アンダーの3位に浮上。また、タイガー・ウッズ(36)は75と崩れて、同3オーバー40位で何とか予選を通過しました。

日本勢は東北福祉大3年の松山英樹(20)が74で回り、通算1オーバー31位で、アマチュアながら2年連続の予選突破という快挙を達成。しかし、石川遼(20=パナソニック)は初日に続いて2日目も調子が上がらず、3バーディー、5ボギー、1トリプルボギーの77と崩れ、通算9オーバー77位で予選落ちとなりました。

20歳でマスターズ優勝という石川遼の夢は2日目で潰えました。初日の段階でほぼありませんでしたが、予選落ちした事で完全に消えてしまいました。華やかなデビューを飾って、一世を風靡した石川でしたが世界の厚い壁に阻まれています。
逆に同い年のアマチュア、松山が光っています。このままでは日本男子ゴルフの主役が交代するかも知れません。