藤原新が日本人最高の2位

 ロンドンオリンピックの男子代表選考会を兼ねた東京マラソンは26日、東京都庁から東京ビッグサイトまでの42.195キロのコースで行われ、藤原新(東京陸協)が日本歴代7位の2時間7分48秒で2位に入り、代表の座をほぼ手中にしました。

 各紙とも「有力候補」とか「大きく前進」とか書いていますが、この記録ならもう決まりでしょう。藤原選手、2008年に北京オリンピック男子マラソン日本代表選考レースとなった東京マラソンでも2時間8分40秒のタイムで日本人トップの2位となりましたが、結果的に世界陸上大阪大会男子マラソンで5位入賞した尾方剛との3番手争いに破れ、補欠となってオリンピック出場はかないませんでした。あれから4年、再び東京マラソンで、今度こそオリンピック出場は決定的です。

 逆に最も期待された公務員ランナーの川内優輝(埼玉県庁)は給水に失敗すると25キロ付近で失速、14位に終わりました。福岡国際マラソンで3位に入った内川でしたが、タイムが2時間9分台2時間9分台と奮わず、この東京にロンドンオリンピック出場を賭けていたのですが、かなり難しくなりました。