韓国、プロ野球でも八百長疑惑

 韓国紙の朝鮮日報が14日に報じた所によると、韓国のバレーボール男子プロリーグ八百長事件を捜査している検察当局が、プロ野球やプロバスケットボールでも八百長が行われているとの関係者の供述を得たそうです。

 昨年、韓国国内で発売されているスポーツくじ「スポーツTOTO」で利益を得るため、暴力団関係者がブローカー役(この中には引退したKリーグ選手もいる)を通じてKリーグ(韓国プロサッカー)選手に接触し、試合結果の操作(わざと負ける)を依頼していたことが発覚。
 八百長は、依頼された選手が学校の後輩などに紹介することでリーグ内に拡大。また依頼された選手は暴力団関係者から「八百長に関与したことを暴露する」と脅され、犯行を重ねていました。

当然韓国内は大騒ぎになりましたが、その記憶も新しい内に、年が明けてからはバレーボール、そしてプロ野球にバスケットボールと、全てのプロスポーツに広がる勢いです。
 同紙は「韓国のプロスポーツ界はメガトン級の衝撃を受けるだろう」と伝えています。