バルセロナ2年ぶり世界一

サッカーのクラブチーム世界一を決めるトヨタ・クラブワールドカップ決勝が18日に横浜国際総合競技場で行われ、欧州代表のFCバルセロナ(スペイン)が、4―0で南米代表のサントスFC(ブラジル)に快勝し、2年ぶり2度目の優勝を果たしました。

準決勝で柏レイソルに3-1で快勝したサントスを、決勝で4-0と、正に圧倒しました。サントスのラマーリョ監督も「バルセロナに勝てるチームはなかなかない。相手が世界一のチームだと認めるしかない。来年もまたここに戻ってこられるように頑張りたい」と、完敗を認めています。

FCバルセロナは、スペインカタルーニャ州・バルセロナを本拠地とするサッカークラブチームです。1899年に創設され、UEFAチャンピオンズリーグを過去に4回制するなど国内外で数々のタイトルを獲得した世界でも屈指のビッグクラブ、名門クラブです。また、リーガ・エスパニョーラの創立以来、一度もプリメーラ・ディビシオンから降格したことがありません。バルセロナ以外で降格したことがないのは、レアル・マドリードとアスレティック・ビルバオの2クラブのみです。