林文部科学大臣、断じて認めず

 東京医科大学の医学部医学科で、女子受験者の点数を一律に減点、合格者数が一定数以下になるよう操作していた問題で、林文部科学大臣は「断じて認められない」と述べました。

 同大学の不正な操作は、2010年に合格者の4割弱が女子となり、2割強だった前年を大きく上回った事をきっかけに始まったそうです。

 では、何故女子の合格者が4割だと困るのか?と言うと、同大学を卒業して医師免許を取得した医師の多くは付属の東京医科大学病院に勤務します。しかし、女性の医師は結婚や出産で離職するケースが多く、現場の医師が不足しないよう女性医師の人数を抑える必要があったと言う事です。

 東京医科大学は、文部科学省の局長(当時)の息子を裏口入学させていた事が発覚。前理事長と前学長が在宅起訴されており、林文部科学大臣は同大学で過去6年間の入学試験が適正に行われたかどうかを調査・報告するよう求めています。今回発覚した女子受験者への不当な扱いも、当然報告を求められるでしょう。

 しかし、そんなに女性医師が離職してしまうのは、職場環境に問題があるから、じゃないでしょうか?。東京医科大学の入試不正も問題ですが、東京医科大学病院の職場環境も調査・報告を求めた方がいいかもしれません。