TOKIOが会見

 強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検されていた山口達也(46)が不起訴処分となった事を受けて、TOKIOのリーダー城島茂(47)とメンバー3人が会見を開きました。

 城島は会見の席上、先月30日に山口を含めたTOKIOのメンバー全員で話し合いの場を持ち、山口からジャニーズ事務所宛の辞表を預かったことを明かしました。

 山口達也は書類送検後の謝罪会見で、可能ならTOKIOに戻りたいと言う趣旨の発言をしていましたが、リーダーの城島は「あり得ない」と否定していました。

 メンバーの松岡昌宏(41)は山口について、既に崖の下に落ちている事に気がついていない、と怒りを表しました。

 山口の謝罪会見については「甘い」という指摘が相次いでいましたが、松岡が言うように、本人は崖っぷちにいるつもりでいたのでしょう。実際は、とっくに崖から落ちていたのです。自身もやっとそのことに気がついたのか、辞表をリーダーに託し、TOKIOは勿論ジャニーズ事務所も去る決意を固めたようです。