沢村投手、針治療のミスで神経麻痺

 今シーズン開幕投書から、右肩のコンディション不良で2軍調整が続いていた巨人の沢村拓一投手(29)について、球団トレーナーの施術ミスだった可能性が高いことが判りました。

 沢村投手は、2月の沖縄キャンプ中に右肩の不調を訴え、球団トレーナーから針治療を受けました。しかし、その後数ヶ月たっても肩の状態が回復しなかったため、球団が調査。その結果、複数の医師から長胸神経が麻痺して前鋸筋機能障害を引き起こしていると診断され、その原因が針治療である可能性が考えられるとの所見を得たそうです。

 沢村拓一は、2010年のドラフト1位で中央大学から巨人に入団。2011年シーズン、29試合に先発して11勝11敗の成績で新人王を獲得。2015年からクローザーを務め、2016年には63試合に登板、37セーブを挙げてセーブ王のタイトルを獲得していました。

 針治療のミスとは、怖いですね。しかもそれが球団トレーナーだったとは。9日に石井球団社長と鹿取ゼネラルマネージャー、そして当該のトレーナーが沢村に謝罪。沢村は謝罪を受け入れ、復帰に向けて調整を続けているそうです。