安藤美姫、13位と出遅れる

フィギュアスケートの東日本選手権が、3日に群馬県総合スポーツセンターアイスアリーナで行われました。女子ショートプログラム(SP)では、3季ぶりに復帰してソチオリンピックを目指す安藤美姫(新横浜プリンスク)が、41.97点とふるわず、出場26人中13位と大きく出遅れています。

この大会、上位24人が4日のフリーに進出。SPとフリーの合計で上位5人が、12月21日からさいたまで開催されるソチオリンピック最終選考会をかねた全日本選手権の出場権を手にします。

安藤美姫は2002年のジュニアグランプリファイナルにおいて、ISU公式大会で女子選手として史上初の4回転ジャンプを成功させた選手としてしられています。全日本Jr.選手権で3連覇、全日本選手権でも2連覇を果たし、2007年と2011年には世界選手権で優勝。しかし2012年は競技生活を休養し、2013年には所属するトヨタ自動車を退職。さらに長女を出産していたことを公表すると共に、「2013年-2014年シーズンを最後に現役を引退する」ことも併せて宣言していました。

競技者生活の集大成として、ソチオリンピックを目指す安藤選手ですが、かなり苦しいスタートです。