カナダ西海岸沖でM7.7

アメリカ地質調査所(USGS)によると、27日午後8時(日本時間28日正午)過ぎ、カナダ太平洋沿岸の沖合を震源とするマグニチュード7.7の地震があったそうです。

この地震によって震源地周辺やハワイなどに津波警報が出され、アメリカ西海岸やハワイなどでは高さ数十センチ程度の津波が観測されたようですが、大きな被害は報告されていないと言う事です。また、この地震による日本への津波の影響はないと言うことです。
マグニチュード7.7。東日本大震災のマグニチュード9.0を経験したせいか、これくらいでは全然驚かなくなってしまいました。

アメリカ地質調査所(USGS)は、アメリカ合衆国内務省の傘下にある研究機関で、世界中の地震活動を監視しています。コロラド州ゴールデンにある国立地震情報センターで、全地球上で発生する地震の発生場所およびその規模を特定。特に重大な地震に関しては、合衆国内外の地震関係当局や緊急時対応当局、メディア、公衆に対して、情報を提供します。

相談すればお金が戻る?

生活をしていると、何かと困りごとが生じるものです。それが、法律に関係してくることだと、法律に詳しい人に登場してもらうのがベストです。

法律上、困ったときには、弁護士に登場してもらうケースが多いかもしれません。もちろん、一定の費用がかかるのは仕方がないことです。弁護士に相談したときの報酬は様々ですので、事前に聞いてから相談するのがいいでしょう。

弁護士への相談費用と相談せずに自力で行ったときの結果を考えてみて、相談した方がペタ―だと思えば、積極的に相談した方がいいでしょう。
また、最近、よく話題になる借金の利息の過払いですが、これなどは相談すれば払い過ぎた利息が返ってくることが多いのです。やはり、こうしたときには専門知識を持っている人が味方にいるのは強いですね。

さて、過払いの判断基準ですが、一見、マニュアルのようなものがあれば全て簡単に基準がわかりそうです。しかし、現実には、それほど簡単ではありません。借入の期間、金額、支払いの期間、金額…。これらを個別に計算していくことで基準がわかります。その基準から過払いと判断します。この計算と借入と支払いのプロセスと法律を照らし合わせて過払い請求となります。