皮膚が異常増殖する病気

人間の皮膚は表皮と真皮から出来ています。表皮を作る細胞の中には角化細胞というものがあり、この角化細胞が次々に増加を繰り返すのが乾癬と言う病気です。発症すると患部の表皮が、通常の表皮を作るスピードの7倍~10倍以上の速さで作られていきます。

その結果、正常な皮膚の細胞周期は約457時間なのに対し、症状のある部位は37.5時間と極端に短くなります。表皮が入れ替わる周期が通常4週間のところを3~4日で完了し、どんどん増殖して表面に移動し、フケのような鱗屑(りんせつ)を伴いながら固く厚くなっていくのです。

まるでガンのように増殖を繰り返しますが、ガンは際限なく増殖するのに対し、乾癬はある程度までしか増えません。また、白血球などの血液成分や炎症を引き起こす体内物質(TNFα(ティー・エヌ・エフ・アルファ)と呼ばれる)が増えるため、皮膚が赤く盛り上がったり、かゆくなったりします。

皮膚への刺激は、乾癬を悪化させる要因になります。鱗屑を無理にはがしたり、例え痒くても患部を強くこすったりすることは症状を悪化させるので止めましょう。また症状が出ていない部分でも、こすったり傷をつけたりすると、そこに新たな乾癬ができて広がっていくことがあります。これを「ケブネル現象」といいます。乾癬ができてかゆいことがあると思いますが、かくと余計に悪化するので気をつけましょう。

早く気づいてあげること

身近な人がパニック障害を発症したら、家族や周囲の人はどう接すればいいのでしょうか?。

なんと言っても、まず周囲の人が病気について理解してあげることが必要です。身体に異常がなくとも激しい症状が起きる病気があるということを認識しましょう。パニック障害は決して仮病ではなく、気の持ちようで治るものではなく、治るまで時間がかかる病気である事を理解しましょう。

例え発作が起きても、慌てず騒がず落ち着いて対処しましょう。周囲が騒ぐと、かえって本人の不安が増します。楽な体勢にさせてやさしく声をかけたり身体を摩ったりして落ち着かせ、「すぐに治まる」と安心させることが必要です。

外出や通院の同行や食生活のサポートも大切です。なぜなら、広場恐怖があると一人で電車に乗ったり街中を歩く事が困難な場合があるからです。通院や暴露療法などの治療で必要な際には同行してあげましょう。また、正しい食生活など日常的なサポートも必要です。

その他パニック障害はうつ病を併発する事があり、またパニック障害が治ってきた頃に発症することもあります。適切な対応が出来るよう早く気づいてあげることです。

正式名称は老視

老眼は目の障害の一つで、加齢により水晶体の弾性が失われて調節力が弱まり、近くの物に焦点を合わせる事が出来なくなる状態を指します。正式名称は老視と言います。
40代から60代初めに自覚されることが多いのですが、実際には20歳前後から調節力の減少は始まっており、日常生活で字を読む時の距離である30cm前後が見えにくくなるのが、この辺の年齢であると言えます。

矯正は老眼鏡(老視鏡)で行います。老眼鏡は凸レンズで出来ていて、原理は遠視の眼鏡と同じです。調節力の減退に応じて、必要となる凸レンズの度数も強くする必要があります。当然若い人ほど度数が弱くて済む事になります。ただし、老眼鏡使用時は遠くが見えづらくなるので、近くの物を見る際に限定的に使用されます。
以前から近視・遠視・乱視などで眼鏡を用いていた人にも、当然、老眼は現れます。この場合は、遠くを見るための度数に適切な凸レンズの度数を加えた物を、近くを見るために用い事になります。元が近視で凹レンズを用いていた場合は、その分凹レンズの度数を弱め、弱い近視では遠方視用に凹レンズ、近方視用に凸レンズが用いられる場合もあります。

遠近両用眼鏡は、遠くと近くで眼鏡をかけたり外したり、交換したりする不便さを解消した眼鏡で、レンズ全体は遠方視に度数を合わせ、レンズの下側の一部に近方視用度数のレンズを組み込んだタイプが多くなっています。かつては境目がハッキリしており、境目の部分でものが重なって見える等の欠点が目立ちましたが、近年はレンズの下へ行くに従って度数が徐々に変化する多重累進焦点タイプが一般的になっています。一つの眼鏡で遠近が見えるため便利ですが、人によっては慣れるまでは視野が揺れて感じたり、階段を踏みはずしやすくなったり、目が疲れやすく感じたりする場合があります。また、視野が狭くなるのも欠点です。