鳥越候補、週刊新潮も告訴へ

 東京都知事選に立候補している鳥越俊太郎候補(76)の選挙事務所の27日発表によると、28日に発売された週刊新潮の記事について、「事実無根」として、週刊新潮編集部に抗議文を送付、刑事告訴の手続きに入ったそうです。

 記事は、鳥越候補に関して過去に女性問題があったとする内容で、21日発売の週刊文春が先に同じ内容の記事を掲載、鳥越氏側は公職選挙法違反と名誉毀損(きそん)の疑いで東京地検に刑事告訴しています。

 この問題、週刊新潮は2003年に取材していましたが、記事にするのは見送っていたそうです。

 内容は、当時テレビ朝日系の「ザ・スクープ」のキャスターをしていた鳥越俊太郎氏に無理矢理キスをされたり、別荘に誘われて裸にされたりしたというもの。

 週刊新潮編集部は「記事には明確な根拠があり、選挙妨害や名誉毀損には当たらないと考える」としています。

 鳥越候補は、この時期を狙って過去の女性問題を記事にするのは明白な選挙妨害だと主張していますが、都知事選に立候補して世間の注目が集まれば、当然記事に対する注目も高まりますから。

 一方的に疑惑を報じ、それに対して説明責任を求めるマスコミの手口には以前から疑問を感じていました。しかし、今まで散々その手法を使ってきた側の鳥越俊太郎氏が一転、都知事候補として疑惑に対する説明責任を求められる立場に回ると、一切自分の口から説明せずに弁護士に丸投げ、即座に刑事告訴に踏み切る姿には違和感を感じざるを得ません。

AKB48襲撃犯「誰でもよかった」

 人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーらが岩手県滝沢市の握手会の会場で切りつけられた事件で、AKB48劇場は26日の公演中止・休館を発表。26日に金沢市で、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が運営する「TSUTAYA」でシングルを購入した人向けに予定されていたAKB48の握手会イベントも延期。その他大阪の姉妹グループ「NMB48」も、26日午前9時からなんばグランド花月(大阪)で予定していた「NMB48 feat. 吉本新喜劇」を延期するなど影響が広がっています。

 一方、殺人未遂容疑で逮捕された青森県十和田市、無職梅田悟容疑者(24)が岩手県警の調べに対し、「人が集まる所で人を殺そうと思った。誰でもよかった」と供述をしているそうです。梅田悟容疑者の母親によると、高校卒業後アルバイトを転々とし、昨年12月頃から無職だったといい、特にAKB48のファンというわけではなく、部屋でCD等を見たこともないと言います。

 またでました、「誰でも良かった」。しかも、職を転々として現在無職。社会に適応できず犯罪に走る典型的なパターンに見えます。

コミケにも脅迫状

 週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「黒子のバスケ」の作者、藤巻忠俊さんへの中傷や脅迫文書が相次いで見つかっている事件で、東京都内で今月末に開かれる同人誌即売会「コミックマーケット(通称コミケ)」の準備会にも、参加者に危害を加える趣旨の脅迫状が届いていたことが分かりました。

 同会によると脅迫状は10月に届き、黒子のバスケのサークルをコミケに参加させないよう要求していたと言います。準備会は警察や会場から頒布中止要請を受けた事もあり、8日付で、安全確保を理由に黒子のバスケ の同人誌などを頒布しないよう参加者に求める通知をネット上に出しました。

 コミケは年2回開催され、毎回約50万人が入場する人気イベント。30年以上続く催しで、最近では海外でも紹介されるほどですが、特定の作品の頒布制限は例がないということです。今年は東京ビッグサイト(江東区)で今月29~31日に開催されます。同人誌を自費出版する約3万5千サークルが参加し、そのうち約900が黒子のバスケ関連でした。