生活保護給付総額、過去最高を更新

厚生労働省の13日発表によると、今年3月末現在の全国の生活保護受給者は、速報値で210万8096人になり、同2月より1万695人増えて210万人を突破したそうです。

60年ぶりに過去最多を更新した昨年7月から、9か月連続で過去最多を更新し続けています。受給世帯も6897世帯増えて、152万8381世帯となり、こちらも過去最多を更新。高齢者世帯が最も多く約4割を占めますが、就労意欲があっても仕事がないケースを含む「その他」の世帯も26万945世帯で、全体の約17%に上っているとのことです。

生活保護とは、日本の生活保護法によって規定されている、国や自治体が経済的に困窮する国民に対して、健康で文化的な最低限度の生活を保障するため保護費を支給する制度です。受給者数は、第二次世界大戦後の混乱期にピークを迎え200万人を超えましたが、高度経済成長に伴って次第に減少、1995年には約88万人とピーク時の半分以下になっていました。しかし、その後は景気悪化から増加に転じ、1999年に100万人を突破しており、給付総額も今年度3兆7000億円を超える見通しで、この5年で約1兆円も増えています。どうも最近すっかり生活保護が気楽に受けられる物になってしまっているようです。