SASネットワーク

「SAS睡眠時無呼吸 発見プロジェクト」(事務局・SAS広報委員会)をご存じでしょうか?。NPO法人 睡眠時無呼吸症候群ネットワーク(SASネット)は、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の認知および治療促進を目的に2010年5月24日、をスタートさせたプロジェクトです。

治療器具を扱う帝人ファーマ、フィリップス・レスピロニクス、レスメドの協賛によって行われている同プロジェクトは、SASを病気として認識し、早期に適切な措置を施す事により、健康で安心・安全な生活が送れると言う事を啓発する事を目的としています。睡眠中に断続的な呼吸停止状態を繰り返す「SAS」患者は、現在、日本に推計200万人以上いるといわれていますが、その一方、『肥満の人だけがかかる病気』という誤った認識も多く、これまでに医療機関で治療を受けた人となるとわずか20万人にすぎないそうです。睡眠時無呼吸症候群は痩せ形の人間でもかかる、また加齢によってもかかりやすくなる、誰にでも起きる病気です。

睡眠障害は集中力の低下を招くだけでなく、高血圧や糖尿病、脂質代謝異常、メタボリックシンドロームなど、多くの生活習慣病と密接な関係があると言われており、心筋梗塞や脳卒中など重い病気を引き起こす要因にもなりえる事が、各研究結果で報告されるようになってきました。そこで、SASネットでは今回のプロジェクトを通じ、特にSASの中でも占有率の高い閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)の啓発を主眼とし、メッセージングサイトを立ち上げてSASに関する正確な最新知識を提供しています。