看護学部で学士編入学制度

 聖路加国際大学(中央区明石町)は看護師不足に対応するため、来年度から2年間で卒業できる学士編入学制度の導入するそうです。

 他の学部を卒業した後に看護学部へ入り直す場合、通常は2年次に編入学し、3年間教育を受けます。これに対して、同大は他分野の学卒者を3年次に編入し、看護師国家試験受験資格を2年間で取得できるようにするもので、導入されれば日本初のプログラムとなります。新制度の定員は30人。

 聖路加国際大学は1920年に設立された聖路加国際病院付属高等看護婦学校がその前進で、1954年に短期大学(3年制)となり、1964年に4年制の聖路加看護大学となりました。現在の校名(聖路加国際大学)に改称したのは2014年です。
 日本聖公会系のキリスト教主義ミッションスクールで、校名は「ルカ福音書」の聖ルカに由来します。日本で初めて看護学部を設置した私立大学であり、日本で初めて看護の大学院博士後期課程を設置した大学でもあります。

 その聖路加国際大学が、看護師不足に対応するため新制度を導入。特に最近はチーム医療や訪問介護の需要が増大しているため、大学として需要に応えるための取り組みです。

 また、大学院には、専門看護師指導者を育成する博士後期課程「DNPコース」を全国で初めて開設。さらに、専門職大学院として公衆衛生学研究科を新設すると言う事です。

 確かに看護師不足を解消するために養成機関の充実は欠かせませんが、同時に過酷な労働環境の改善も必要です。パワハラなどの人間関係のトラブルで退職する看護師も多いと言われますし、幾ら養成してもやめていく人間の方が多ければ看護師不足はいつまでたっても解消されません。