「ツイッターが2017年に終了」のデマ、海外で拡散

 ツイッターが2017年でサービスを終了するというデマが一時海外で広がり、関連するハッシュタグ「#savetwitter」がトレンド入りしました。

 BradTheLadLongと言う海外のユーチューバーが、「ツイッターで受けたいじめ被害の証拠を収集し、ツイッターと話し合った結果、はサービス終了が決まった」と書かれた画像が出回ったのが始まりと見られます。BradTheLadLong自身もツイッターで「ツイッターを好きな人には申し訳ないけれど、ツイッターで受けたいじめがひどかったため行動に出た」と投稿し、更に騒ぎが大きくなりました。

 ツイッター社はこのデマを否定、サービスは継続するとコメントしました。また、BradTheLadLongはアメリカのメディアに対して「このウソを利用してネットいじめに対する意識を高めようとした」と、自身のツイートが嘘であることを認めています。

 普通に考えて業務威力妨害のような気がします。裁判でも起こせば、損害賠償をとれるんじゃないでしょうか?。