金本監督誕生

 プロ野球の阪神タイガースは10月17日、球団OBで野球解説者の金本知憲(かねもと・ともあき)氏(47)の監督就任を発表しました。

 金本知憲氏は、1991年のドラフト会議で広島カープから4位指名を受けて東北大学から入団。入団当時はパワー不足で中々通用せず、2年間低迷していましたが、筋力トレーニングを取り入れるなどして次第に頭角を現し、1994年には17本塁打を記録してレギュラーに定着しました。

 1998年から2011年途中まで連続試合出場を続け、1999年7月から2010年途中まではフルイニング出場を続け、1492試合連続フルイニング出場の記録はギネス記録に認定されています。

 2002年シーズンオフにフリーエージェントを行使、阪神タイガースに移籍。プロ通算21年間で2539安打、476本塁打、1521打点。打点王1回、ベストナイン7回を授賞。連続試合フルイニング出場と連続イニング出場の二つの世界記録を樹立しています。

 記録もそうですが、2004年にデッドボールで左手首を骨折しながら翌日の試合に出場、右手だけでヒットを打ったのは今でもプロ野球ファンの間では語り草です。関係者やファンから「アニキ」と呼ばれて頼りにされる、他の選手とは一線を画する存在でした。

 阪神はここ数年若手が伸び悩み、外人選手やフリーエージェントの移籍組が中心になっています。成績もAクラス入りはしている物の、もう一つパッとしません。金本監督が立て直す事が出来るかどうか。