携帯番号に「060」追加か?

 現在「090」「080」「070」の3種類がある携帯電話の番号が、3年後に枯渇する恐れがあるとして、総務省は18日「060」の追加などを検討し始めたそうです。

 携帯電話の番号は1999年に「090」、PHSは「070」に集約され、けた数もそれまでの10けたから11けたに増やしています。さらに、2002年には利用者急増に対応するため「080」を携帯に追加。2014年にはPHSと携帯間の番号持ち運び制度を始めて区別をなくすなどの対策をとり、現在、「090」「080」「070」の総数は2億7千万回線ある計算になります。

 そして2015年3月末時点の携帯・PHSの総契約数は1億5786万件。日本の人口約1億2700万人よりも契約数が多い事になりますが、約1億2700万人と言うのも新生児まで含めた数字ですから、いかに携帯・PHSの総契約数が多いかわかります。これは携帯とタブレットを両方保有する人や、携帯も仕事(会社で仕事用を支給されたり)とプライベートで使い分ける人がいるからです。