アメリカ新車販売、6年ぶり1500万台超え

アメリカの調査会社オートデータが3日発表した2013年におけるアメリカ国内の新車販売台数は、前年比7.6%増の1560万199台で、サブプライムショックによる金融危機で販売が落ち込む前の2007年(約1615万台)以来、6年ぶりに1500万台を超え、4年連続で前年実績を上回ったそうです。

アメリカでは住宅市場も回復しており、買い替え需要が増えたことで、ピックアップトラックなど大型車や高級車の販売が伸びており、販売シェア首位のゼネラル・モーターズ(GM)が7.3%増、2位フォード・モーターが10.8%増となるなど大型車が主力のアメリカ勢が好調。日本勢もスポーツ用多目的車(SUV)などが堅調で、3位のトヨタ自動車が7.4%増、5位のホンダも7.2%増でした。

金融緩和も規模は縮小するとは言えまだまだ続行するようです、株価も最高値を更新し続けていますし。そして、新車販売台数が回復すれば雇用の改善効果も期待でき、相乗効果で景気回復も本格化するかもしれません。