一番の治療

糖尿病患者は、血糖値が高い高血糖の状態が続いています。血糖をコントロールするのがこの病気の一番の治療になります。

治療の基本は食事と薬ということになるのです。食事で血糖値は上昇する訳ですが、血糖が上がりにくい食べ方というのがあります。まず最初にサラダ・海藻類・キノコなどの血糖が上がりにくい食べ物から食べます。最初の空腹感を解消することにもなります。次に肉や魚のタンパク質を食べます。最後にパンやごはんなどの血糖値を上げやすいものを食べます。よく主食を食べない人がいるのですが、おかずを食べ過ぎないように主食も適量に食べることです。
また、野菜の食物繊維が食後に血糖が上がるのを押えますから積極的に摂りましょう。

野菜がない時は野菜ジュースが代用になります。外食に頼っている人は栄養バランスやカロリーオーバーに注意したいものです。なるべくバランスの取れたものを食べて、量としては1割を残すことを心がけましょう。
血糖をコントロールするのに、誘惑して悪さをする天敵がいます。アルコールと間食です。できれば我慢していただきたいのですが、誘惑に負けてアルコールを飲まずにいられなくなった人は週1~2日の休刊日は最低でも設けることです。アルコール類の糖質もまた血糖に影響を与えます。ちょっと我慢するぐらいの生活が血糖値を落ち着かせます。