産後の抜け毛

 37歳の専業主婦ですが、30代に入った頃から顔や頭皮が脂っぽいと感じるようになり、そのくらいから抜け毛も増えました。一年前から妊娠、出産を経てさらに抜け毛が増えました。

 部屋をどれだけ掃除しても、髪の毛を結んでいても気づくと床に髪の毛が落ちているので、拾っては捨てを繰り返しているのでキリがないです。

 とくにお風呂に入った時にはシャンプーをしている時に引っ張ってみると、一気に五本ぐらいごっそり抜けることもあるので、毎回入浴後には壁などについていないかチェックしますし、排水溝もすぐに髪の毛でいっぱいになってしまうので毎日のように掃除をしていて大変です。

 それ以外にも困るのは、赤ちゃんがおり、私の髪の毛を掴んだときにもたくさん抜けてしまい、寝かせていても気がつくと手にいつも髪の毛を握っていて、いつか飲み込むのではとハラハラです。

 頭頂もあきらかに薄くなっているので、写真を取るときも写らないようにちょっとだけ上を向いて気をつかったり、友人にもあまり見られないようにかなり気をつけている状態で、すごく面倒ですし、四六時中気になってしまいます。

 ネットで頭皮がスッキリするシャンプーや発毛を促す薬、そのほかにもいろいろサプリや食品も見つけて購入しましたが、これといって改善されたことがありません。

 お金をかけずにどうにか改善したいと思い、現在の対策としては、シャンプーの時にも細かい目のブラシで頭皮をマッサージしたり、シャンプーをする前にお湯で一度頭を念入りに流したり、入浴後に発毛を促す薬をつけたり、ワカメや昆布をたくさん食べるようにしていますが、まだまだ改善とまではいかないです。少しだけ抜け毛が減ったような気はします。

 何かこれ以外でも生活習慣で改善できればと思っています。同年代の友達よりも頭頂は薄いと思います。旦那にも、行きつけの美容室(新しい美容室にも行きたいですが、あまり薄毛を見られたくないため断念しています)の美容師さんにも言われました。

 美容室に行った時は、美容師さんは何も言わずに黙々と頭のマッサージをサービスでしてくれます。

 増毛はさすがにメンテナンスのことも考え、手は出したくないなと思っているのですが、まずは抜け毛を減らす努力をしたいと思っております。

 今はロングヘアで頭頂が見えないように常に髪を結んでいるのですが、髪の毛が増えて気にならなくなったら思いきってショートヘアーにして、たくさん写真をとって楽しみたいです。

 女 抜け毛

iPS細胞研究所で論文不正

 京都大学iPS細胞研究所で論文不正が発覚、同研究所の所長や京都大学の副学長が会見を開き、謝罪しました。

 京都大学iPS細胞研究所の所長と言えば、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した、京都大学の山中伸弥教授です。その山中教授の研究所から論文不正が出るとはショックです。

 不正が発覚したのは、同研究所の助教が筆頭著者として2017年にアメリカの科学誌「ステム・セル・リポーツ」に発表した論文です。発表後、論文の信頼性について疑問が指摘され、調査していました。

 理化学研究のSTAP細胞問題等もあり、iPS細胞研究所でも資料やノートを提出させるなど不正防止策をとっていましたが、不正を見抜くことが出来ませんでした。

 会見に臨んだ山中教授は「考えが甘かった」と無念の表情で語り、辞任の可能性も示唆しました。

 辞任というのが研究所の所長職なのか、京都大学の教授職なのか、どちらにしてもそうなった場合世界が山中教授を放っておく筈がありません。他国に奪われるようなことになったら、国家の大損失です。

沢村投手、針治療のミスで神経麻痺

 今シーズン開幕投書から、右肩のコンディション不良で2軍調整が続いていた巨人の沢村拓一投手(29)について、球団トレーナーの施術ミスだった可能性が高いことが判りました。

 沢村投手は、2月の沖縄キャンプ中に右肩の不調を訴え、球団トレーナーから針治療を受けました。しかし、その後数ヶ月たっても肩の状態が回復しなかったため、球団が調査。その結果、複数の医師から長胸神経が麻痺して前鋸筋機能障害を引き起こしていると診断され、その原因が針治療である可能性が考えられるとの所見を得たそうです。

 沢村拓一は、2010年のドラフト1位で中央大学から巨人に入団。2011年シーズン、29試合に先発して11勝11敗の成績で新人王を獲得。2015年からクローザーを務め、2016年には63試合に登板、37セーブを挙げてセーブ王のタイトルを獲得していました。

 針治療のミスとは、怖いですね。しかもそれが球団トレーナーだったとは。9日に石井球団社長と鹿取ゼネラルマネージャー、そして当該のトレーナーが沢村に謝罪。沢村は謝罪を受け入れ、復帰に向けて調整を続けているそうです。