狩野亮、2個目の金

9日に行われたソチ・パラリンピックのアルペンスキー男子スーパー大回転座位で、マルハンの狩野亮(27)が今大会2個目の金メダルを、富士通セミコンダクターの森井大輝(33)が銀メダルを獲得しました。
狩野はアルペンスキー男子滑降座位でも金メダルを獲得しており、今大会2個目の金メダルです。

狩野亮は北海道網走市出身。2006年のトリノ・パラリンピックでアルペンスキー競技に初出場、この時は回転で途中棄権、大回転27位にわりました。しかし、2010年のバンクーバー・パラリンピックでは、男子座位スーパー大回転で金メダル、男子座位滑降で銅メダルを獲得しています。

ソチ・オリンピックで8個のメダルを獲得、冬季オリンピック史上2番目のメダル獲得数を記録した日本、パラリンピックでも好調です。狩野の2大会連続金メダルを筆頭に、既に獲得したメダルは5個で、ロシアとウクライナに次ぐ3位。
ロシアによるウクライナへの軍事侵攻でどうなるかと思われましたが、今の所影響は無いようです。

アメリカ新車販売、6年ぶり1500万台超え

アメリカの調査会社オートデータが3日発表した2013年におけるアメリカ国内の新車販売台数は、前年比7.6%増の1560万199台で、サブプライムショックによる金融危機で販売が落ち込む前の2007年(約1615万台)以来、6年ぶりに1500万台を超え、4年連続で前年実績を上回ったそうです。

アメリカでは住宅市場も回復しており、買い替え需要が増えたことで、ピックアップトラックなど大型車や高級車の販売が伸びており、販売シェア首位のゼネラル・モーターズ(GM)が7.3%増、2位フォード・モーターが10.8%増となるなど大型車が主力のアメリカ勢が好調。日本勢もスポーツ用多目的車(SUV)などが堅調で、3位のトヨタ自動車が7.4%増、5位のホンダも7.2%増でした。

金融緩和も規模は縮小するとは言えまだまだ続行するようです、株価も最高値を更新し続けていますし。そして、新車販売台数が回復すれば雇用の改善効果も期待でき、相乗効果で景気回復も本格化するかもしれません。

安藤美姫、13位と出遅れる

フィギュアスケートの東日本選手権が、3日に群馬県総合スポーツセンターアイスアリーナで行われました。女子ショートプログラム(SP)では、3季ぶりに復帰してソチオリンピックを目指す安藤美姫(新横浜プリンスク)が、41.97点とふるわず、出場26人中13位と大きく出遅れています。

この大会、上位24人が4日のフリーに進出。SPとフリーの合計で上位5人が、12月21日からさいたまで開催されるソチオリンピック最終選考会をかねた全日本選手権の出場権を手にします。

安藤美姫は2002年のジュニアグランプリファイナルにおいて、ISU公式大会で女子選手として史上初の4回転ジャンプを成功させた選手としてしられています。全日本Jr.選手権で3連覇、全日本選手権でも2連覇を果たし、2007年と2011年には世界選手権で優勝。しかし2012年は競技生活を休養し、2013年には所属するトヨタ自動車を退職。さらに長女を出産していたことを公表すると共に、「2013年-2014年シーズンを最後に現役を引退する」ことも併せて宣言していました。

競技者生活の集大成として、ソチオリンピックを目指す安藤選手ですが、かなり苦しいスタートです。

「サッポロ一番」を開発、井田毅氏死去

前サンヨー食品社長の井田毅氏が20日、肺炎で死去しました。83歳でした。告別式は近親者で済ませており、10月18日正午に東京都港区虎ノ門のホテルオークラ東京「平安の間」で、お別れの会を開くと言うことです。主催はサンヨー食品で、喪主は長男でサンヨー食品社長の純一郎氏。

サンヨー食品株式会社は、主にサッポロ一番のブランド名で即席麺の製造・販売を行っています。1953年11月1日、群馬県前橋市で富士製麺として創業し、現在の社名になったのは1961年7月1日。
そのサンヨー食品を一躍有名にしたのが、袋入り即席ラーメンのサッポロ一番シリーズ。当時社長だった井田毅氏が全国のラーメンを食べ歩き、札幌市の「ラーメン横丁」で出合ったラーメンに感銘を受けて、1966年に発売。同社の看板商品に育て上げたのでした。

サッポロ一番の味噌ラーメンは、我が家でも常備しています。もう基本と言って良いでしょう。しかし、意外なことに発売されたのはしょうゆラーメンが1966年で最初。味噌ラーメンは1968年です。